Welcome to my blog

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you xoxo.

★実践★親子de楽リンガル~思春期編~

--
--  --:--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 スポンサー広告

21
2016  14:57:42

ルールはルール。そこをしっかりおさえなきゃ!

 最近のことです。

我が家の次女(小学二年生)が 返ってきた宿題のプリントをみせながら

「ママ~ ここわからないの。なんでこれ×なの?」

と半ベソかきながら 聞いてくるので

見て見ました。↓ ↓ ↓

問題
「 7人に鉛筆をあげます。1人に6本ずつあげるには全部で何本いるでしょう?」

しき: 7×6=42    答え: 42本

答えは42で〇なのですが しきは大きく×がついています。

なぜ?なぜ?なぜ?

親子で悩んでいても全然わからなかったので

<掛け算 小2文章問題>で調べてみました。

別の例文として

子どもが6人います。みかんをひとりに8ずつ配るには
全部で何個のみかんが必要でしょうか?

これも 式を6×8=48と書くと不正解

正解は 式8×6=48で答えは ミカン48個です。

その理由は

一単位当たりの数×いくつ分=答えをいう決まりがあるそうです

大人の私からすると

8×6でも 6×8でも答えは必ず同じになるんだから

式で×にする必要はないんじゃないかと思うのですが

教科書には<一単位あたりの数×いくつ分=答え>というルールが

書かれているらしく ルールはルール

そこを無視してしまうとテストやプリントでは×になるんですって。

とはいっても

<一単位当たりの数> (いくつ分)というわかりにくい説明を

小学二年生の子供達は理解できるのか?

ちょっと難しいですよね~

ということで 子供には

算数の文章問題を読むときは、まず何を聞かれているのかにをひいて
の単位を 先に書くと正解な式になると説明しました。

コチラが例

タコが5匹います。 タコの足が8本です。タコの足は全部で何本ですか?

問題文の解き方

タコが5匹います。タコの足が8本です。タコの足は全部で何本ですか?

式: 8×5=40    答え 40本

この説明をした後で 練習問題として

5,6問 解かせてみると すべて正解。

ルールはルール。シッカリと理解させた後で

練習問題(ドリル)をやらせて実践力をつけると

子供も理解したうえで 正解できるので次もやってみたい!という

気持ちになるようです。

九九を覚えるだけでなく 文章問題もスラスラとける

実践力、応用力をつけてほしいな~そのためには

親のサポート必要ですね~。



 ブログランキングに参加してます。こちらをポチっとお願いします。


スポンサーサイト

 算数(低学年)

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。