Welcome to my blog

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you xoxo.

★実践★親子de楽リンガル~思春期編~

--
--  --:--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 スポンサー広告

22
2016  08:23:00

最近はやりのインバウンドって?~その1~


 みなさん <インバウンド>という言葉知ってますか?

私は つい最近まで<インバウンド>という言葉になじみがなかったのですが

本屋やテレビ、またはネットの世界でもちらほらと見聞きするようになりました。

インバウンドInbound)とは、外国人が訪れてくる旅行のこと。
 日本へのインバウンドを訪日外国人旅行または訪日旅行という。 

きっと旅行会社や海外からのお客様をおもてなしする機会のある

企業や個人にとっては聞きなれたものなのでしょうが

普通の主婦や子供たちにとってみてはなんだ?といったものなのでしょう。


 そうはいっても、最近ではいたるところで海外からのお客様(訪日旅行者)を

ホテル、デパート、レストラン、あらゆるところで見かけます。

特にアジア諸国からいらしてる方がたくさんいて

最近では欧米人よりアジアからのビジターが多いような気がしてなりません。

その方々をターゲットにした<おもてなし英語>とか<接客英語>といった

トラベルイングリッシュとはちょっと違った英語クラスが

開講されたりしているのですが

そこでちょっとした違和感を感じてしまいます。

日本に旅行に来ている人たちは 

日本文化に触れたくて、また何からの魅力を感じて

日本に来ているのに

おもてなしされる言語が日本語でなく世界共通語の英語に

違和感を感じないのか?

最近 2020年の東京オリンピックにむけて

英語通訳、ガイドのボランティアを募集したりしているのですが

もちろん英語を話せるかた、ガイドをしたい方々が

ボランティアとして海外からの人をもてなすのは

いいことだと思うのですが

英語以上に 日本語でもてなすという声をあまり聞かないのは

なぜなんだろう?

私たち 日本人って 日本語のネイティブなんですよ~

旅行者からしてみたら 現地のネイティブと

現地の言葉で話したいという気持ちにならないのかな?と

ちょっとした疑問を感じました。

できれば英語でも日本語でもおもてなしができる

そんな人に私はなりたい!





 

ブログランキングに参加してます。こちらをポチっとお願いします。
スポンサーサイト

 インバウンド

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。